ページの先頭へ

インプラントとは

インプラント美容歯科ってどんなところ?

インプラント美容歯科ってどんなところ? インプラントといっても、様々な種類があります。粗悪な金属を埋め込むことも少なくありません。 医療法人山本歯科では、ストローマンインプラントシステムITI等を使い、さらにその上に最高品質のセラミック素材をご提供しております。
最高品質のセラミック素材の為、白くなりすぎず、天然の歯と見分けのつかない自然な白い歯をご提供します。
ご希望により、インプラントを行う以外のご自身の歯にもホワイトニングを行い、ホワイトニング後のご自身の歯とセラミック素材の色を合わせることもできます。

 また、入れ歯やブリッジと違いお顔の骨格と輪郭を整えることにより、お顔の若返り効果も見られます。
そして、積極的に外食や旅行等外交的な社会生活が送れるようになります。結果として、体調がよくなり、お顔だけでなく体と心が若返ることを最終的な到達点としています。
歯の治療にとどまらず、歯を起点としたトータル的なアンチエイジングを積極的にご提案いたします。
ブランド製品や宝石にお金を使うことも決して悪いことではありません。しかし、もっと重要なことがあります。それは、品格と健康です。
綺麗な歯は品格をあげ、人間的に魅力的になれます。また、かみ合わせの歪みは骨格の歪みとつながり、美しい姿勢を保つことができず、曲がった腰や膝の痛みへとつながります。
健康な歯を削り、ご自身の未来を削る治療を行う前に、インプラントとはどのようなものか、一度お問い合わせください。

インプラント治療ってなあに?

 インプラントはただ骨に人工の根を埋め込んで歯を作るだけではありません。インプラント治療は歯を治すのではなく、歯を作ります。そして噛み合わせを作ります。歯並びを作ります。さらには顔立ちをつくります。そして若さを作ります。これは究極のアンチエージング(フェイスリフトなどの美容整形と違い、見かけだけではなく機能から若さを取り戻して行きます。)
若さを作ってあげると、健康と長寿が得られます。統計では全部インプラントで歯を作った人と、総入れ歯の方では、10歳以上の差が有るとも言われます。もし貴方が、入れ歯でお困りでしたら、歯を抜かれて、入れ歯になったときのことを想像してみてください。とても悲しかったと思います。これはストレス指数でも、親しい友人の死に相当するものです。それでは逆に入れ歯が無くなって、20代の頃の自分の歯が戻ってきた時のことを、想像してみて下さい。とても喜ばしいものです。心置きなく笑えたり、人と会って食事をしたり、旅行に出かけたり、些細なものでも、とてもおいしく感じられ、人生の基本的な欲求が、満たされるようになります。又、噛み合わせがよくなることによって、肩こりや偏頭痛や、背骨のゆがみが治ったり、自律神経的な症状、もやもやした気持ち、落ち込みなどメンタルな面でもとてもよい効果をもたらします。

老化は目と歯から始まります。インプラントでの若返りはフェイスリフトよりも遥かに効果があります。インプラントを行うことでお顔の変形を元に戻し、肩こりが治り、自律神経のバランスを整え、自然治癒力を高めます。歯を作ることで、人生を作ります。

当院の治療方針のところにも、私たちの目指すインプラントを通じた、アンチエージング、長寿、健康理念、かみ合わせのバランスから全身のバランスを整える、歯を削る・神経を取る・抜歯をするなどの、ネガティブな治療(これらは、全て生体に対する侵襲です。)は過去の治療です。
私たちが目指すのは、創造的な治療、インプラントを通じて歯を作る、歯並びを作る、噛み合わせを作る、若さを作る、健康・長寿を作る、歯だけではなく口腔内、顔貌、さらには全身、そして精神と大きなゴールを目指しています。
インプラント治療は、注文建築と同じです。患者様の要望、噛める事、審美性、予算、時間、治療回数、期間、痛くないこと、安全、などをお伺いし、それに対して骨の状態、抜けた歯の状態をCTなどで精査し、最も効果的な治療計画を提案し実行して行きます。

従来の治療法

 失った歯の修復法として、従来は人工クラウンやブリッジ、取り外し式の入れ歯が利用されてきました、しかし、こうした代用物を口の中に固定するには、隣の健康な歯を削らなければならないという問題がありました。
 また、歯根(歯の根っこ)を失うことによって、顎が痩せてしまうといった問題もあります。骨が痩せてしまうことで、入れ歯はフィット感を失い、食べる喜びをなくしてしまうことも多くありました。

ブリッジ

従来法1 《ブリッジ》
1本の歯が抜けた場合、隣の健康な歯を削って、ブリッジにします。

従来法2 《部分入れ歯》
歯が数本抜けた場合は、針金付きの部分入れ歯を取り付けます。入れ歯を固定するための針金が、見た目にも機能的にも不快です。

部分入れ歯

総入れ歯

従来法3 《総入れ歯》
歯が全部抜けている場合、総入れ歯にします。入れ歯がずれたり、食べ物が内側に入って痛みをともない、使用する上で問題があります。

インプラント治療の利点

インプラントでは、人工的に歯根を作ることにより、入れ歯がしっかり固定され、自然の歯と同等の働きを取り戻すことができます。また、見た目にも自然で、人前で話すことのコンプレックスも大幅に改善されます。

インプラント1

《隣の歯を削る必要がなくなります 》
1本の歯が抜けた場合、健康な歯をまったく削ることなく、歯の無い部分にインプラントを入れます。

《見た目が自然》
歯が数本抜けた場合は、針金付きの入れ歯ではなく、歯の無い部分に適切な数のインプラントを入れ、固定式の人工歯を取り付けます

インプラント2

インプラント3

《入れ歯のズレがありません》
歯が全部抜けている場合でも、数本のインプラントを入れて入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます

診療内容

  • インプラントとは
  • 当院のインプラント
  • 審美ホワイトニング
  • 歯周病予防・口臭予防
  • 入れ歯
  • かみ合わせ
  • いびき・スポーツマウス

治療方針

  • 治療方針
  • 最新CT

当院紹介

  • 医院紹介
  • 治療への思い
  • アクセス

山本歯科モバイルサイト

QRコード

ケータイで左のQRコー ドを読み取りアクセスしてください。

リンク